一口に簿記の資格とか簿記検定と呼ばれますが、日本国内では複数の団体が簿記検定を行っており、それぞれの団体によって検定内容に違いがあります。それぞれ別途の資格となっていますから、注意してください。代表的な簿記検定としては、 ・日商簿記・・・日本商工会議所主催の簿記検定 ・全経簿記・・・全国経理教育協会主催の簿記能力検定 ・全商簿記・・・全国商業高等学校協会主催の簿記実務検定 ・全産簿記・・・全国産業人能力開発団体連合会主催の簿記能力認定試験 があります。中でも一番有名なのは、日本商工会議所主催の日商簿記検定でしょう。1級から4級までありますが、4級は勘定科目仕分けなどのごく初歩的なレベルで、試験を実施しない商工会議所もあるようです。初めて受験する人のほとんどが財務管理のための基本知識が身につく3級を受験します。2級では商業簿記・工業簿記を習得でき、有資格者としての評価やニーズが高まるレベルとなります。大学推薦などに有利になることもあるそうです。1級は税理士や公認会計士を目指すための登竜門とされています。簿記とは、企業や個人経営者の経理事務に必要な会計知識で、経理事務を行うだけでなく、財務管理や経営管理の分析力なども身につけることができます。商業系の学校では、必ず在学中に資格取得を義務付けられる大変重要な資格です。簿記の資格を持っていれば、一般事務職として就職するにしても優遇されることが多々あります。どんなに小規模な個人経営の会社でも大企業でも、必ず経理・会計は必要ですから、簿記の資格があれば業種を問わずニーズがあるでしょう。また、税理士や公認会計士の資格を目指すためには必須の知識です。